引越しが終わったあとの荷物の片付けを効率よく行う方法

hikkoshi-katazuke-01-09

引越しの荷造りをするときには、ちょっとしたコツを知っていると効率よく作業をすることができます。

しかし、引越しが終わったあとの荷解きに関しては、特にコツのようなものはありません。

新居に運ばれた大量の荷物を、淡々と整理をしていく以外に方法はありません。

ただ、コツとまではいきませんが、ちょっとした荷解きのポイントをあげるとすれば、段ボールは1度にたくさん開けてしまわないということです。

何も考えずに山積みにされた段ボールを片っ端から開けてしまうと、収拾がつかなくなってしまいます。

足の踏み場もないくらいに荷物が散乱してしまと、それが邪魔になって作業スペースがなくなってしまいます。

また、たくさん荷物が目に入ってしまうことで、これを全部片付けなければいけないのかと考えただけで精神的にも参ってしまうことでしょう。

そういったことにならないために、1度に開ける段ボールの量は、多くても3つくらいまでにするといいと思います。

出来れば同じ荷物の入っている段ボールを集中的に開けていくと混乱しなくて済むでしょう。

洋服なら洋服の段ボール、食器なら食器の段ボール、といったように種類別に順番に片づけていくことで、その都度に荷解きが進んだという達成感を味わうことができるでしょう。

また、段ボールは箱に番号を振るなどして、その番号を新居のレイアウト図などに書き込んでおくと、本来その荷物を置くべき部屋に運んでもらうことが可能です。

そうすることで、その部屋にある段ボールの中身は基本的にその部屋に置く荷物ということになるので、荷解き作業の効率が非常によくなります。

引越しの荷物を運び終わった直後は、一安心してしまって、その後の片付けがとても面倒に感じてしまうものです。

しかし、そのまま段ボールとともに生活するわけには行きませんので、小さな達成感を味わいながらコツコツと荷解き作業を続けていくようにするといいでしょう。

もし、なかなかやる気が起こらないようなときには、片付けが終わったあとに、ちょっとしたご褒美を自分に与えるようにするといいかもしれません。

この部屋の段ボールを全部片付けたら、気分転換に映画を見に行こうとか、スタバにおいしいスイーツを食べに行こうとかいったものでいいと思います。

片付けの仕事がはかどるかどうかは気分の問題ですから、自分なりにモチベーションを維持出来る方法を考えておくといいでしょう。