引越しの見積もりを作成してもらう前に必ずやっておくべきこと

hikkoshi-sentei-01-08

引越しが決まったら、まずやるべきことは引越しをする日時を決めることと引越し業者選びです。

しかし、引越し業者を選ぶ前にひとつだけやっておかなければならないことがあります。

それは持っていく荷物と処分する荷物を事前に選定するということです。

数年に一度引越しを繰り返しているような転勤族の人であれば、引越しも手馴れていて荷物もそれほど多くないと思います。

しかし、多くの人は、一生のうちで引越しをする機会というのはそう何度もないと思います。

そのため、家の中には長年買いためた品物が家の中にあふれていると思います。

当然それらの買いためた品物のなかには、いらない物も多くあることでしょう。

引越し料金は、時期や時間帯、移動距離、そして荷物の量で変わってきます。

引越しの時期や距離は変えられませんが、荷物の量は変えることが出来ます。

つまり、少しでも安い料金で引っ越しをしようと思ったら、荷物の量を少なくするのもひとつの賢い方法といえます。

そのために荷物の選定を行って、引越し業者に見積もりを作成してもらうときに、持っていく荷物と処分するものを明確にしておく必要があるのです。

荷物の量が明確になっていないと、処分予定の品物まで荷物として見積もりに含まれてしまったり、逆に持っていく荷物が見積もりに計上されていなくて、あとで追加料金が発生する原因となってしまいます。

オンラインで見積もりをする場合などには、自分で荷物の量を入力することになりますから、持っていく荷物の量をしっかりと把握しておかなければ、正確な見積もりは作れないということになります。

訪問見積もりを依頼する時も、持っていく荷物をはっきりさせておいて、それを引越し業者の担当者に正確に伝える必要があります。

特に大きな荷物、タンスなどの家具や冷蔵庫などの大型家電は、引越し見積もりに大きな影響を与えますので、持っていくかどうかをはっきりさせておきましょう。

見積もりに含まれていない荷物が、当日に押し入れの中から大量に出てきてしまって、それが新居に持っていくべき荷物だったりすると、さまざまなトラブルのもとになります。

追加で料金が発生してしまうのは当然ですが、業者が用意していたトラックに積みきれなくなってしまった場合には、当日の手配がつかずに収拾がつかなくなる可能性もあります。