hikkoshi-onna-01-2

一人暮らしの引越しは、家族で引っ越しをするときにくらべると、だいぶ荷物が少なくなります。

そのため、一人暮らし向けの「引越単身パック」などのサービスを利用すれば、かなりリーズナブルな料金で引っ越しをすることが可能です。

確かに引越しは低料金で済ませたいものですが、一人暮らしの女性の場合には、単純に料金にばかりにこだわっていると危険な場合もあります。

単身の女性の場合には、料金以上に信頼できる引越し業者を選ぶということの方が大切です。

もちろん大手の引越し業者であれば、どの会社もある程度の信頼感はありますので、一般の単身パックなどを利用しても特に問題はないでしょう。

しかし、より安全に引越しをすることを考えたら、女性専用の「レディースパック」というサービスがおススメです。

これは、引越しの作業を女性スタッフのみで行うというサービスです。

荷物の梱包から搬出搬入まですべて女性スタッフが行ってくれるもので、部屋の中や家財道具を男性の作業員に見られたくないという人は、ぜひ利用してみるといいでしょう。

ただし、大型の家具などがある場合には、女性スタッフだけでは対応できない場合もあるようなので、事前に確認をしておくといいでしょう。

もしレディースパックで対応できなくて、男性スタッフによる引越しを行うのであれば、必ず家族や友人などに立ち会ってもらうといいでしょう。

出来れば、男性の家族や友人に立ち会ってもらうと安心です。

 

最近の引越し業者は、さまざまなオプションサービスを提供していますが、その中でも若い一人暮らしの女性におすすめなのが、盗聴器発見サービスです。

実は転居先の前の住人が、部屋を明け渡す時に盗聴器を仕掛けていったりすることがまれにあるのです。

さすがに盗聴器までは心配し過ぎだと思われるかも知れませんが、調査した約1割の部屋から実際に盗聴器が見つかっているというのです。

一人暮らしの女性の部屋に、もし盗聴器が仕掛けられていたらと思うと、ゾッとすると思います。

安心料だと考えて、引越し業者の盗聴器発見サービスを利用してみるといいでしょう。

このように一人暮らしの女性が引越しをする際には、単純に料金だけでは決めずに、より安心できる方法を選択することが大切であるということを肝に銘じておきましょう。

hikkoshi-danboru-01-2

引っ越しといっても単身の場合には荷物が少ないだけではなく、いろいろと融通が利くので家族引越しとくらべるとかなり安上がりに済ませることが可能です。

家族での引越しの場合には、全員の予定をあわせる必要がありますが、単身の場合にはすべて自分の都合だけで調整することができます。

引っ越しは、日時や時間帯によって料金が安くなることも多いので、そこをうまく生かせば費用をおさえて引越しすることが可能になります。

単身引越しをする際に確認しておきたいのは、大型家電をどうやって運ぶのかということです。

単身赴任などの場合、荷物の量によっては業者に依頼せずに自力で引っ越しをすることも可能ですが、その場合に問題になるのが大型の家電です。

単身であっても冷蔵庫と洗濯機はほとんどの方が持っているでしょうし、引越しのタイミングで買い換えるということであれば別ですが、大抵は新居にも持っていくことになるでしょう。

小型で2ドアの冷蔵庫であれば、力のある人ならば1人でも運ぶことは可能です。

しかし、3ドアの大型のものになると最低でも2人いないと運べません。

洗濯機も物によっては1人で運ぶことができますが、ドラム式の洗濯機になりますと1人ではどうにもならないと思います。

こういった大型の家電品がある場合には、自分一人での引越しは実質不可能なので、業者に依頼することになります。

引越し業者に頼む際にも、必ずやっておくべき大切なことがあります。

それは見積もりしてもらう前に、自分の部屋の環境を把握したうえで正確に業者に伝えるということです。

そうすることで、見積もりと実際にかかる料金との差をなくすことができますし、あとあと業者とトラブルになることも防げます。

部屋は何階にあるのか、エレベーターはあるのか、といった点や、特殊な間取りならばそれもしっかりと伝えておきましょう。

また荷物量も正確に細かく伝えておくと、当日になって追加料金が発生するというトラブルも防ぐことができます。

あとは、料金の高い土日を避けて平日を選ぶとか、割安になることの多い午後の便を選ぶなどの日時をうまく調整すれば、単身での引越しを安く済ませることができるでしょう。

引っ越し

春先になると人事異動などによる引越しが多くなります。

単身であれ家族といっしょであれ引越しは、辞令が出てから引越しまでは準備期間も短くバタバタすることが多いものです。

当日になってあわてないように、しっかりと計画を立てておく必要があります。

実際に、会社から辞令が発令されてから引越しをするまでの期間は、およそ1ヶ月程度と考えていいかと思います。

その間に、しっかりと準備をしておかなければならないわけです。

まずは、引越し先を決めなければいけません。

会社で社宅や独身寮が提供される場合は問題ありませんが、そうでない場合は自分でアパートなりマンションなりを探さなくてはなりません。

それらがひと段落したら、引越し業者選びをすることになります。

それと並行して、荷造りなども始めなければいけません。

さらには公共料金の停止手続きや、お子様がいるご家庭では学校の編入や転向の手続きなども忘れずに行う必要があります。

いろいろやることがあるので、しっかりと計画を立てないとパニックになります。

短い期間で効率的に引越しの準備を進めるためには、ちょっとしたコツがあります。

まず荷造りを始める前に、必要にないものは出来るだけ処分して、当日に運ぶ荷物の量を少なくしておくことが大切です。

また、ダンボールに荷物を梱包していく際には、部屋や家族ごとに荷物を分けて、ダンボールにマジックでどの部屋の荷物かを分かりやすく書いておくといいでしょう。

これをやっておかないと、引越し先で荷物を開けるときに、どの箱に何が入っているのかが分からなくて収拾がつかなくなってしまうことがあります。

それから、引越しをスムーズに進めるにあたって欠かせないのが、引越し業者によるさまざまなサポートです。

最近ではオプションでいろいろなサービスが提供されているので、自分たちが忙しくて手の回らないときには、そういったサービスを活用するとスムーズに準備が進みます。

ただ、あれもこれも引越し業者に依頼をしてしまうと、その分料金に跳ね上がってきますので、なるべく安い業者を探すということも大切です。

引越し業者を選ぶには、まずは見積もりを取るところから始めます。

1社だけでなく、必ずいくつかの業者から見積もりをもらうようにしましょう。

最近では、インターネットを使って複数の引越し業者の見積もりを一括して取得できるサービスがあります。

いろいろな引越し業者の料金やサービスを比較しながら業者選びができるので、大変便利なサービスです。

口コミなどによると料金が半分近くまで下がることもあるようですので、このサービスは絶対に活用したほうがいいと思います。